よろこび10

ねんりんピック開会式 台風の嵐は、感動!と感謝の嵐へ

ねんりんぴっくよさこい高知が10月26日(土)についに終了しました。
2年間の準備期間を経て、無事終了できて、まずはホッとしています。

今回のねんりんピックでは、リトルは、たくさんのステージを頂きました。

まずは、開会式前にありました、「式典前アトラクション」でのねんりん体操のデモンストレーション。
リトルの小学生と里佳先生、紫織先生、智香ちゃんのリードで、幼稚園生や3B体操のみなさんと一緒に会場の
みなさんと「ねんりん体操」を踊りました。

2年前に振り付けた体操ですが、作詩のやなせさんの訃報をお聞きしての今回。
その歌詞があらためて心にしみながら、リトルッ子達がみなさんと踊るシーンは、感慨無量です。
新聞にもしっかり載せて頂き、素晴しい思い出になりました。


みんな、おつかれ様。

体操を無事終了して、控え室の体育館にもどったら、「人がいっぱいおってまじやばかった〜」と
ほっぺたが紅潮していました。(^^)
「緊張した?」って聞いたら、「ん、ちょっと…」

高知で2万人の観客の前に立つなんてことは、本当に珍しい事。
そのチャンスを下さったみなさんに心から感謝です。
きっとリトルッ子にもすてきな思い出になったと思います。

あんなにたくさんの人なのに、一人一人よく見えました。
集まった人数が多いとパワーもすごい大きくなる。
あの感覚をみんなと味わえて幸せでした。
感動感謝です。

第1章「海」 陸上競技場の緑の芝生にできたたった5分だけの「土佐の海」

式典後は、メインアトラクションです。
私の担当は、第1章「海」。
100名の3B体操の皆さんと、200名の高校生と、100名の幼稚園児と、30名の日高養護学校の皆さんとで
「土佐の海」を表現して下さいとのオーダーでした。
年齢の違う皆さんへのレクチャーは、本当に勉強になりました。
今時、熱血漢の指導ははっきり言ってはやりません。
特に高校生には、…(^^;
思いっきり、引かれながらもそのスタイルはかえずに最後まで行きました。

台風が行ったあと、晴れたものの風は強く、大布を操る高校生には厳しいお天気でした。
しかし、本番はばっちり。
やってくれると信じていましたが、想像以上のできばえでした。
一人一人の力が結集して、たった5分だけの「海」が生まれました。
本当に、人の存在の力ってすごい。そこに生きている事がすごい。
最後までやり終えてくれたみんなに心から感謝です。

そして、この海を制作する機会を下さいました方々、支えて下さったプロデューサーの阪口さん、
演出の上田さん、制作の西村さん他たくさんのスタッフのみなさん。本当にありがとうございました。

海の様子は、次のアドレスでご覧頂けます。
http://www.youtube.com/watch?v=XvDxhDF0aF4


第4章 よさこい 正調〜現代よさこいまで 「高知のよさこい」ここにあり!


時先生をはじめ、インストのみんなのおかげさま。(^^)/


かっぱ集団のお礼、めっちゃ嬉しかったです。ありがとう

メインアトラクション、ラストはやっぱり「よさこい」
まずは、200名の正調で始まり、プラス400名の現代よさこいが合流して時代の流れを表現します。

最初は、踊り子さんが集まらず本当にドキドキでした。
なんだかんだ、終わってみたら422名が登録。
50名以上が辞退。集まっては、アナが空き、埋めてはまた穴があく…。
みんなそれぞれに理由があるのだから仕方がない。400人が一つになるのは、本当に難しい事でした。

でも、楽しかったぁ。(^^)/
チームを超えて人の輪が広がっていきました。
新しい出会いが確実になにかを作り始めていました。
振り付けは、すべて時先生におまかせしました。私は第1章もありますから時先生にお願いしました。
400名を声をあらげることなくやんわりまとめていく時先生の教えはとても勉強になりました。
時には、踊り子さんをいじり倒し、気遣いをわすれず…。さすがです。
結局、時先生も私も踊る事になり、最後は、踊り子さんと一緒にフィールドに立ちました。
やっぱり踊ったらたのし〜〜イ。
いろんなことが、すべて予定調和の様に時間が流れました。
踊り子さんの笑顔をみるたび、ほっとした。

そして、終わったら、手作りのメダルと歌とへんてこなしばてん踊りで労をねぎらってもらって、
本当に幸せものです。

みなさん、あ り が と う〜〜。



よろこび9 第12回公演「HOME2」終了

今年も恒例の3月卒業公演の幕を無事下ろす事ができました。

今年は、今まで以上にハードルが多かったように感じます。
それも、もろともせずやりきった奈央をはじめリトルッ子のみんなは、やっぱりすごい。

本番1週間前くらいの時、演出の濱田さんが、私達にとっての「HOME」とはリトルそのものだと思う。
と話してくれました。
それから急ピッチでつながっていったみんな。
年齢も、在籍期間も、価値観も、体力も、集中力も、創造力もすべて違う80名ものみんなが一つになるのは、
相当たいへんでしたね。
でもそれをやってのけた、リトルッ子はやっぱりスゴイです。

「伝えること」は、やっぱり難しいね。
「信じる力」は、どこから生まれてくるんだろう。
なんとなく、キーワードは「愛」なんだと感じています。
「愛」があればこそ「伝える力」も生まれてくるし、「信じる力」も強くなる。

リトルッ子は、私に「愛」の大切さをおしえてくれています。

そして、こんなリトルを作ってくれるすべての方に…ありがとうございます。

合掌







よろこび8 「HOME2」まであと1週間とちょっと!

厳しかった冬の寒さも、やわらかな春の日差しが遠い記憶へと追いやってくれました。
桜も咲いて…。
あと10日でリトル卒業公演「HOME2」の本番です。

スタッフ、保護者のみなさん、リトルを応援して下さるたくさんの起業家の皆様のお陰で、
今回もミュージカルの幕をあげる事ができます。
感謝をかみしめ、残り少なくなっていく卒業生たちとの時間を慈しみながら、
リトルっこたちとステージづくりに夢中です。

今日は、録音日。録音の合間をぬって詰め稽古。

振り付けを覚えた。台詞を覚えた。歌も覚えた。
全部できるようになった。
さて、ここからが本題です。
「どんな気持ちでこの振りを踊るの?」
「この台詞は、どうして言うのかな?」
「歌詞を心に感じて、響かせて歌ってみるとどうなる?」
「このときは、どんな気持ち?」
聞くたびに、口ごもるリトルっこたち。
答えがわからないわけじゃないよね。
でもいざ問われると言葉が思うようにでてこない。
私のパワーにおされてしまうのか…、
間違ってたらどうしようと不安になるのか…、
理由は様々だと思います。

口ごもりながらも、みんな必死で考えてくれた今日のお稽古。
みんな前より、きちんと話せるようになってきました。
その成長に、心躍った充実した一日を送ることができました。(^^)/

ステージ作りは、いつももう一人の自分との向き合いです。
自分でかってに作りあげた不安や、心配事は、みんなの才能に蓋をします。
みんな、自分で作った不安をうち破った時、隠れていた輝きや才能がでてきます。
リトルッ子のみなさん、みんなで、そんな不安をうち破るよう稽古に精進しましょう。
大切な大切な時間。みんなとミュージカルを作れる幸せをかみしめながら。
手をとりあって、声をかけあって、気がついたら行動に移して行きましょう。
当日見に来て下さるお客様に喜んでもらえる様に。

みなさん、是非ご来場下さい。リトルッ子たちの思いが皆様に届きますように。
自分のできること探します。感謝とともに。

みなさん、本当にありがとうございます。


木ボーカルの稽古です。ノリノリ!いえ〜い!



よろこび7 龍馬看護ふくし専門学校 卒業研究ミュージカル「西遊記」

今年度ももうすぐ終わりですね。卒業の季節を迎えました。
リトルも卒業公演に向けてお稽古に熱が入っていますが、一足早く今週水曜日に「龍馬看護ふくし専門学校」
の卒業関作ミュージカル「西遊記」が上演されます。
初回の「ライオンキング」依頼何作目になるのか、片手では数えられなくなりました。
保育士や看護士をめざす学生さんが3年間の集大成として、ミュージカル作りに取り組んでいます。
もちろん、ほとんどのみなさんが、初ミュージカルです。

思うようにならない体と思いと格闘する毎日。
なんと本番を明日に向かえ…やっとなんとか形になってきました。
手探りの日々、よく頑張ったと思います。

「繋がる」「全力投球」「没入する」「受け取る」などミュージカルに必要なたくさんの事が
意外と難しい…、うまくできない現実が大きな壁になってたちはだかります。
ひたすら感じる。自分の中に生まれる気持ち、相手の気持ち、お客さんのイメージ…
目に見えないものを「感じる」のは、こんなに難しかったのかとびっくりです。
イメージを描くことが、思い通りにできない。
どのように表現すれば伝わるのか…。やってるはずのにできてない…。どうして?

お客様に伝える事の難しさにうちのめされる毎日。
それでも、果敢に稽古に取り組み、一筋の光を見いだしていく。
今年もそんな日々です。


情報化社会、ゲーム、携帯の普及などなど、一人で時間を過ごす時間が増えた昨今の社会、
確かに、繋がる事や、相手を感じる力、理解する力、自分を信じる力などなど、
人間力の低化を実感する場面に出会う事多くなった様に感じます。
自分が、それらを豊かに出来るかといえば、まだまだ未熟ですが…。(^^)
それでも、リトルをやっててよかったと感じます。
たくさんの異年齢の子供達と、必死に感じあう時間は最高の喜びです。

こんな時代だからこそ、ミュージカルを作る体験は、大きな財産となるように感じます。
みんな一生懸命に残りの時間を過ごしています。
いよいよ明日は、最後の練習です。
最後の1秒まであきらめずに、お客様によろこんでもらえるように、学生さんと一緒に頑張ります。

よかったら見に来て下さいね。

リトルの水曜日とかさなっているので、本当に申し訳ありませんが、リトルはお休みさせて頂きます。
でも、田村がいなくても、ばっちり進む様に段取りはしていますので、ご安心を。
西遊記のステージが、リトルのステージにつながるよう、よさこい作りに繋がる様、
しっかり努めて参ります。

お時間が許す方は、ぜひかるぽーと大ホールへお越し下さい。

2月20日(水)18:00〜開場
かるぽーと大ホール
入場料 無料



よろこび6 〜20周年記念祝賀会〜

長らくのブログ凍結、失礼いたしました。

まずは、あけましておめでとうございます。
旧年中は、誠にお世話になりまして、ありがとうございました、
今年も宜しくお願い申しあげます。

このブログ、約1年も凍結させてしまいました。
本当に時間の経つのは早い。
去年は、3月公演〜20周年記念祝賀会まで、一気にかけぬけた一年でした。
ブログ凍結は、心に余裕がなかった証拠ですね。ごめんなさい。

あまり忙しさに、「心」と「体」のバランスを崩してしまい、周りのみなさんにも迷惑かけてしまいました。
今年は気をつけます。m(_ _)m

去年は、「老いる」という事をまじまじと実感しました。
気持ちは28才のままなんですが…、(怒らんとって下さい^^)現実は49歳。
疲れがとれにくい、思うように仕事が進まない、などなど…。
この現実が受け入れられず、だいぶ抵抗しました。受けとめるまでかなり時間が必要でした。

年末に開催致しました20周年祝賀会は、そんな私を真から癒してくれました。
小学1年だったリトルッ子が、学校の先生に…。お母さんに…。
リトルッこの成長を共に喜びあう保護者のみなさんの存在…。
現役とOBがリトルのナンバーで一緒に歌ったり踊ったりする姿は、真から私を癒してくれました。
本当にありがたい!ことだと実感しました。

行き届かない所もあったと思います。それでも最後まで居て下さり、会は大盛況の内に終わる事ができました。
今一度、心からの御礼申し上げます。

また、一日一日をよろこびと共に生活し、生きて行けますように…。

今後ともよろしくお願いします。