スタッフ紹介
  • 新入団員募集
  • 創造空間ZERO
  • プレイオンのご紹介
  • よさこい工房祭彩
  • 田村千賀のブログ
  • 各種アトラクション出演・演出
  • リンク集
  • 携帯サイト

スタッフ紹介

代表 岡林 啓仁

株式会社アップスタート 代表取締役
高知鏡川ライオンズクラブ 会員

高知リトルプレイヤーズシアター設立の時には、初代保護者会会長として熱心に劇団をサポート。第1回公演「月の塔のパセラ」を機に、得意の歌を生かし3回、4回公演では、歌の指導にも一役かった。

いつの時代も劇団のお父さん役として、子供達の成長を応援してくれる頼もしい存在です。  

昭和50~53年度 京都産業大学グリーグラブに所属し、朝日新聞社主催 全日本合唱コンクール大学の部で、4年連続入賞 最高位 2位銀賞を獲得する。
昭和53年度 第13代学生指揮者として、後輩の指導にも力を注いだ。

現在も、ボーカルユニット「ダニエルズ」として仕事の傍ら、歌いつづけている。

区切り線


運営責任者 田村 千賀 (ZERO/PLAY ON/祭彩)

1963年生まれ。玉川大学文学部芸術学科児童専修課程にて、子どもの表現教育について学ぶ。

卒業後帰高し、第1回市民ミュージカル「Ryoma」に参加した際、國友須賀氏と出会い、スガジャズダンススタジオに入社。
ジャズダンスとエアロビクスのインストラクターを務める。1991年、高知リトルプレイヤーズシアターの発足に伴い、スタッフとして同劇団に参加。
その後、スガジャズダンススタジオを退社し、劇団運営に取り組み現在に至る。

現在は、高知リトルプレイヤーズシアターを中心に、よさこいの振り付け、各種イベントの企画演出制作、豊かなコミュニケーションを目指した「ドラマワークショップ」の講師を務めるなど、感性と創造力をテーマに活動している。

区切り線


小西 里佳(チーフインストラクター兼マネージャー/祭彩)

3歳より母である小西博子に、ジャズダンスを習い、小学5年より同スタジオにてタップダンスも始める。

リトル第1期生としてリトルに入団、第1回公演「月の塔のパセラ」でアキラを主演。

リトル卒団後、小西博子ジャズダンススタジオにてジャズダンスのインストラクターを務め、現在は小西博子ジャズダンススタジオにてJazzとTapを教えるとともに、リトルのチーフインストラクター兼マネージャーとして後輩の指導にエネルギーを注いでいる。

また、よさこいの振り付けと指導も手がける。

区切り線


奥田 紫織(事務運営/ジャズインストラクター/祭彩)

第3期生として、リトルに入団。同時に依光香代プルミエバレエにてクラシックバレエを習う。

高知学園短期大学幼児保育学科にて保育士の資格取得(2007年)
卒業後、リトルのアシスタントを務めながら、子どもの為のジャズダンスをテーマに現在勉強中。

区切り線

講師紹介

Musical & Jazz Dance

濱田 善久(演出/ミュージカル演技講師/ZERO/PLAYON)


昭和53年、西高校卒業後、劇団カッパ座に入社。
カペットアニメーターとして、全国公演を展開し、多くの子供達に夢と希望を与える。
活躍の場所は、劇団だけにとどまらず、「お~いハニ丸!」のハニ丸役をはじめ、NHKのぬいぐるみキャラクターも多数努める。

その後、カペットアニメーターだけでなく、音楽制作、照明、演出も手がけ、舞台制作全般に通じる。

1998年劇団かっぱ座を退団し、高知に帰高。帰高後は、トマト農園を経営するかたわら、劇団喜楽座を指導。また、劇団、バレエスタジオ、ミュージカルなど高知の文化シーンでその専門性を活かし逸材としてあらゆる方面で活躍する他、小中学校では社会人講師も務め、演劇を通して子供たちの生きる力を育んでいる。

*主な活動歴
市民ミュージカル「音の旅人」演出助手
土佐おもてなし勤王党2011〜 演出&作曲
小学校派遣講師(演劇)
高知高校演劇 照明
ミュージカル劇団 笑夢(新居浜)作曲
他多数

区切り線

南雲 真帆(花組演出/PLAYON) (PLOWLAND)


プレイアドバイザー、演劇講師

玉川大学文芸部芸術学科演劇専攻卒、
劇団ひまわり俳優養成所講師(1990〜2008)
よみきかせ、ワークショップ、朗読劇、講師。
NPO法人Homo Ludens理事長。
(NPO法人Homo Ludens=発達障害児の生活支援の場所として、日高村長山田、中芸田
 野町において、児童デイサービス所を開設。他に、中芸広域連合委託事業を受け子ども
 の支援を行っている。)

--

五藤都香(キッズ・花組夢組アシスタント/PLAYON) (PLOWLAND)


短期大学を卒業後、保育士として子供と関わる仕事に携わる。
その中で子供の表現活動に関心を持ち、
現在ドラマやコミュニケーション遊びを学ぶ一方、
こども達との芝居作りのアシスタントをしている。

クラシックバレエ

立脇 千賀子(立脇千賀子バレエ研究所主宰/Kidsバレエ講師)

昭和30年、立脇バレエ研究所を設立。
現在まで50年余キャリアを持つバレエ研究所として活動指導にあたっている。
県芸術祭、市文化祭には毎年参加し、現在では移動芸術祭優秀派遣団体に選ばれ、
クラシックバレエの開拓に活動している。

<受賞及び役員>
昭和61年、高知市市長賞を教育文化部門で横山市長より受賞
昭和63年、日本バレエ協会より舞踏功労賞を受賞
(社)日本バレエ協会四国支部運営委員
平成9年1月、高新大賞を受賞
平成9年4月、日本バレエ協会より役員功労賞を受賞
平成9年5月、神戸洋舞コンクール審査員
平成18年11月、高知県文化賞を受賞。
平成19年4月(社)日本バレエ協会より功労賞を受賞。
平成19年8月、ザ・バレコン藤田氏より指導者賞受賞。
日本バレエ協会四国支部副支部長。
現在、高知県バレエ協会会長

区切り線


別役 奈菜(Junior・Senior バレエ講師)

3歳より立脇千賀子に師事。
1998年 第17回全国バレエコンクール 5位入賞
1998年 全日本バレエコンクール ファイナリスト
1999年 第18回四国バレエコンクール 3位入賞
2000年 オーストラリアCHRISTINE WALSH DANCE CENTER留学
2001年 オーストラリアン コンセルバトワールオブバレエ ディプロマ取得
2002年 ドイツMARAIKA SKUSUMI BALLETにて研修(移動公演に参加)

     現在、立脇千賀子バレエ研究所にて助手を勤める。

Jazz Dance

大村 憲子(ミュージカルクラス・ジャズダンス講師/ZERO)


1985年 スガジャズダンススタジオ入社。ジャズダンス、エアロビクス、よさこいの指導にあたる。

1992年 スガを退社後、ダンスクリームを設立。
「エスメラルダ」「ジャングルブック」「昆虫記」「砂嵐」とダンスエンターテイメントを制作し、多くの人々に感動を与える。よさこい祭りでも「四国開発グループ」をはじめ、多数のチームを振り付けし、大村ワールドでよさこいを盛り上げる。

2003年 同退社後上京し、2年間「東出 融氏」に師事し、身体技法を学ぶ。その後帰高し瞑想を中心に、独自の世界観を探求し続け現在に至る。

コミュニケーション低下が叫ばれる今日、新しいダンスアプローチを開拓し、新しいプログラムの提供を考えている。

--

森本 カオリ(上級ジャズ/ミュージカル/ZERO)


16歳の時、第1回市民ミュージカル「RYOMA」に参加。
それをきっかけにジャズダンスを始める。
1992年、ダンスクリーム設立に伴い、スタッフとして参加。
ジャズダンスインストラクターとなる。
その後、フリーとなりあらゆるシーンでジャズダンスを通して踊る喜びを伝える。

現在「チャレンジ」「MIKA Dance Produce」でインストラクターを努める他、県内外のよさこいの振り付けも手がける。
当劇団では、ジャズダンスのインストラクターはもとより、スタッフを始めステージ全般にたずさわり、なくてはならない存在として、熱い信頼を集めている。

区切り線

國友麻ゆみ(ジャズダンス)(スガジャズダンススタジオ)


4歳より高知県「立脇千賀子バレエ研究所」にてバレエを始める。
16歳よりフランス カンヌ「Ecole Supérieure de Danse de Cannes Rosella Hightower」に2年間留学。
パリ・オペラ座バレエ団元エトワールのモニク・ルディーエールに師事しクラシックバレエ、コンテンポラリー、JAZZ、バーオソル、タップダンス等を学び、
バランシン、キリアン、マツエック等の作品を踊る。
18歳より スガジャズダンススタジオインストラクターとして活躍している。

1993年 第12回四国バレエコンクール 児童の部第5位
1994年 第13回四国バレエコンクール 児童の部第3位
1995年 第14回四国バレエコンクール 児童の部第2位
1996年 第15回四国バレエコンクール 児童の部第1位
1997年 第30回埼玉全国舞踊コンクール児童バレエの部第2位
1998年 第16回四国バレエコンクール ジュニアの部第3位
1998年 第13回全日本バレエコンクール ファイナリスト
1999年 第17回四国バレエコンクール ジュニアの部第1位
1999年 第7回アジア・パシフィック国際バレエコンクール ジュニアの部第3位
2001年 スイス ローザンヌ国際バレエコンクール セミファイナリスト

小さい頃から積み重ねたバレエの基礎をもとに、心から踊り、気持ちが体から溢れるような踊りが大好きです。
ダンスのジャンルを問わず、ダンス初心者から上級者まで、表現することの楽しさや喜びを感じれるレッスンを目指します。

Vocal

山本 幸雄(木曜日ボーカルクラス&ミュージカルクラス講師)

国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業、同大学院終了。オペラ研修所第9期終了。矢田部賞受賞(卒業時)。
読売新人演奏会、桃華学堂御前演奏会に出演。
1995年より1年間、在外研修員としてウィーンに留学。
声楽を土居敏秀、波多野靖祐、荘智世恵、オリヴィア・ミリャコヴィッチ、ルティール・ドゥ・ベッシュの各氏に師事。
今までに「魔笛」パパゲーノ、「ドン・ジョバンニ」タイトルロール、「フィガロの結婚」伯爵、「コシ・ファン・トゥッテ」グリエルモ、「ラ・ボエーム」マルチェッロ、「蝶々夫人」シャープレス、「椿姫」ジェルモン等を歌う。
また、松本市で開催されている小沢征爾芸術監督のサイトウキネン音楽祭の「ヴェルディのレクイエム」「道楽者のなりゆき」「イエヌーファ」「ピーター・グライムス」に出演。高知音楽フェスティバル2006「第九」ソリストとして出演。
2007年9月 高松二期会オペラ公演、カヴァレリアルスティカーナ(アルフィオ)に出演。
2008年2月 徳島二期会オペラ。ドンジョバンニに出演。現在、声楽サークル「VOCE SUONO」、Opus楽器堂講師。

区切り線


西本 知代(キッズミュージカル&花組ボーカル指導)

ヤマハポピュラーミュージックスクール講師(1989年~)
リトミック指導上級資格取得(2008年)

音楽制作会社サウンドザウルスの一員として、ゲーム、CM、舞台等の音楽を手掛ける。

音の旅人で、稽古ピアノを担当し、ミュージカル歌唱の分野にも視野を広げる。
現在は、保育士の免許も生かし、花組の歌唱指導を担当している。
また、キッズミュージカルでは、リトミックを元に考えたプログラムを作成し、
子供達の音楽感性を養っている。即興の稽古ピアノは子供達の感性を養うのに一役かっている。

区切り線


杉本 真佐美(月曜日ボーカルクラス&ミュージカルクラス講師/ZERO)

第2期生としてリトル入団。

くらしき作陽大学音楽学部音楽学科卒業。
同大学オペラ研究員修了。
在学中、学外オペラ「フィガロの結婚」バルバリーナ役で出演。

現在、つくし保育園、こうち赤い鳥の会音楽講師。
土佐おもてなし勤王党 歌唱指導。

Street Dance

Okey(沖島 唯浩)(Street-上級クラス) (Dance studio Rootas)


1975年1月12日生 長崎県出身。

19歳で高知に来てダンスと出会い、のめり込む。
以来、県内外でのイベント出演やダンスコンテストでの優勝・入賞を繰り返す。
現在、スタジオRootsを主宰し、拠点に自らのチームの活動の他、レッスンやイベントなどを企画・主催し、後進の育成や高知に置けるストリートダンスの普及に尽力中。

区切り線


yossy(吉村 耕一)(Street初中級クラス) (Dance studio Roots)

S52.8.29(乙女座)A型30歳
ジャズダンスを始める(1999年)
2002年頃からストリートダンスに出会う
2004年には宇和島で行われたストリートダンスコンテスト【PUMP UP】で優勝

その他数々のコンテストやイベントに出演し、3年前から若手ダンサーをメインに【MIX UP】というイベントを立ち上げ、ダンサー、インストラクター、オーガナイザーとして、現在に至る。

区切り線