5月21日(土)須賀先生ならきっと言う「今こそ踊りなさい」

5月21日(土)

私がスガジャズダンススタジオに入社したのは、1990年ごろです。当時27歳。
インストラクタとしては、遅い入社です。

この先どうしようかという時、須賀先生が、「うちにこんかね」と声をかけてくれたのです。
「先生は、営業を担当してほしい」との事でしたので、インストは遅すぎるけど、営業なら
以前の職場でやっていたしと、思い切ってスガジャズダンススタジオに入社しました。

入ってみると、営業だけな訳がないですよね。あれよあれよといううちに、よさこいを踊り指導し、
エアロビクスやらジャズやら教えさせて頂くようになりました。
前のブログで書いたように、それから1年くらいたったとき、須賀先生が馬路村で神秘体験を
経験します。

1991 年 前夜祭がはじまる。長谷川岳氏がこの踊りを見て感動する。
     この年より、セントラルは前夜祭の1回目から5年連続1位となる。
     「須賀よさこい連」誕生
1992年 北海道よさこいソーランスタート
1995年 ホノルルフェスティバルに須賀よさこい蓮として参加

須賀先生は、神秘体験の後、ハワイマウイ島とのご縁ができました。
そして、マウイに住所をもち1995年ごろは、マウイと高知を行ったりきたりする生活を
送っていました。
須賀先生は、自分の使命を意識し、自分の魂を成長させるために、マウイは大いなる気づきを先生に
シャワーのように注いでいルようでした。

マウイには、チャネリングしてスガ先生にメッセージを下ろすチャネラーがいっぱいいました。
あまりの速さで進化する須賀先生を理解するのに必死で、とにかく私も先生と一緒にマウイに
飛んで、先生の考えを理解したいと必死でした。
そして、先生と一緒にヒーラーの先生のワークショップやリーディングを受けました。
そこで先生と一緒に聞いたメッセージは次の通りです。

もうすぐ息子さんがあなたの後を継ぐでしょう。
もうすぐ日本中に、よさこいを伝えるようになります。
日本の各地に、スガジャズダンススタジオができます。
よさこいを通して、精神性を高める活動をするでしょう。

このメッセージは全てその後その通りになっていきました。

思った通りに現実がなるとするなら、先生が強くそう思ったからそうなったのでしょうか。
しかし、それだけとも思えません。
須賀先生の神秘体験から、まるで水先案内のように、いろんな人が「こうなるよ」と
メッセージを下ろしてくれているように感じます。

須賀先生は、よさこいをただの祭りから、「いい世さ来い」と読んで精神性の柱を立てたと
思います。その形が今の「IZANAI」へと進化して行ったのだと感じています。
私が、スガジャズダンススタジオに在籍したのは、1996年の10月くらいまでだったと思いますので、
須賀先生のその後の急激な進化は、遠くから見ながらすごい!と感動していました。

須賀先生なら、きっと言うと思います。

「さあ、今こそ 踊るのよ 良い世さ こい!」
「みんなのおかげさま ありがとう〜〜〜」


今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

合掌✴️田村千賀



  • 前へ
  • TOP
コメント投稿
お名前
(ニックネーム)
 
URL  
タイトル
コメント
修正用パスワード
※投稿したコメントを修正する際に使用します。
Cookieに保存